2008年07月08日

不快な気分の処方箋

感情の危険信号

すべての不快な気分は、これ以上気分が悪くならない為に
あなたが何らかの行動を起こす信号である。

〈退屈・いらいら・落ち着かない気分・不安〉

何かがうまくいっていない。
アクションが、目指しているものに対して
ふさわしいと言うシグナル。

または、困難な状況を確認した事で、そのような気分になっている。


そのような気分になった時

@気分をすぐに変える為に、
 トライアド(フォーカス・ランゲージ・フォーカス)を変えてみる。

A達成したい目標と、なりたい気分をはっきりさせる。

B気分や結果に変化が出るようにアプローチを変えてみる。


自分が感じたい感情のとき言う言葉を10回言う!

例)「うれしい!」「うれしい!」「うれしい!」・・・「うれしい!」

その時、理由を考えるのがポイント!!

例) 「うれしい」 なぜなら、青空がキレイだから!
   「うれしい」 なぜなら、風を感じることができるから!
   「うれしい」 なせなら、パソコンを使う事ができるから!
   「うれしい」 なぜなら、ひとりで歩く事ができるから!

なりたい気分をまず、「言ってみる」
ランゲージを変えてみると、自然と感情もついてきます! 





   
posted by Dragon at 17:32| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シンプル!
アクションシグナルを感じたら
なりたい気持ちを言うことにします!(^o^)丿
Posted by Indy♪ at 2008年07月09日 01:35
そうですねー
ただ嫌な気持ちに浸るのとは大違いだと思います。
Posted by Masa at 2008年07月09日 04:08
うれしい!たのしい!って言葉にだすと

自然と脳がその理由を探してくれますよね♪

さすが脳様(笑)←ヨンさま風
Posted by CERO at 2008年07月09日 13:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。